【株式投資の体験談】第二章「因果応報、絶望の淵」【Failure teaches success】

アドホック
こんにちは!今回は第二章です!
「第一章」まだご覧になっていない方は、下記の記事からお読みくださいね!
関連記事

アドホックこんにちは!今回は株式投資の体験談をお話したいと思います。ヘルシーアドホック先生の失敗を通じて、皆さんが同様の失敗しないで頂ければ幸いです!2020年3月の株式市場の大暴[…]

ヘルシー
まずは前回までのあらすじです。
医学書コーナーに置かれた株式投資の書籍を手にしたことをきっかけに、株式投資を始めたアドホック先生は、相場の洗礼をあびつつも、遂に自分の投資方法を見つけます。大化け株の出現が期待できるバイオベンチャー投資、医学知識を有効活用もできることでアドホック先生は投資を決意します。結果は大成功!幸先よく過去の全損失を吹き飛ばすほどの含み益を獲得します。この後の展開はいかに!?では続きをお楽しみください!
この記事は限りなくノンフィクションに近い「フィクション」です。

自負と過信

 

アドホック
どうもバイオベンチャー投資家のアドホックです!
ヘルシー
このまま上手くいくのでしょうか?
株価の急上昇の要因をカタリスト(catalyst)と呼びます。
前回は投資先の「株式投資バイオくん」がメディア紹介されたことがカタリストとなり株価が急上昇しました。
ストップ高まで経験し、含み益は+40%程度まで上昇しました。 
ヘルシー
いくらほど投資していたのですか?
アドホック
あくまでフィクションですよ…1000万ほど投資していました!
ヘルシー
えっ!そんなにですか?
あくまで余裕資金内の社会勉強ための株式投資ではなかったのですか?

気がつけばどんどん株式投資に熱中していました。

特に前回の急騰株に飛び乗った銘柄の際に、ナンピンすることで取得単価が下げることで、

少しでも損失が軽減するような錯覚に陥っていました。

そのため今回の「株式投資バイオくん」に関して、大暴騰までの間、株価が下がるたびに頻繁に買い増しをしていました。

アドホック
でもストップ高一発で200万の利益ですよ!あの時の興奮は凄かったですね!
脳内にドーパミンやノルアドレナリンが大量に分泌されていたのが手に取るように分かりましたよ!
ヘルシー
アドホック先生はこのまま調子良くいくのでしょうか?
大暴騰後の株価は、上下を繰り返した後に、横ばいの展開となりました。
ピーク時で+50%程度の含み益がありましたが、その後は+30%程度の株価で安定しました。
ヘルシー
+30%でもかなりの含み益ですよね?
これまでの損失もリカバリーできていますし、利益確定してもいいのではないですか?
アドホック
銘柄選びに自信をもっています!
この含み益をさらに大きくしていきます!
複利の恩恵を最大限に受けないともったいないです!
多少ピーク時の株価から低下したとはいえ、口座画面に映し出される含み益の光景が大好きでした。
また大化け株を掴むには、多少の下落に負けずに、株式を握り続けないといけないと思っていました。
その後半年近く「株式投資バイオくん」の株価は横ばいからやや下落していきました。
ヘルシー
そして悲劇が訪れます…
2019年の冬のことです。
「株式投資バイオくん」の株価がストップ安を連続する事態になってしまったのです。
ヘルシー
何があったのでしょうか?
アドホック
四半期決算発表時に、悪材料が一緒に報告されたことが要因でした。
まだ売り上げの立つ薬剤が承認されていませんので、赤字決算であることはそれほど問題ではありませんでした。
研究開発費の原資となる流動資産についても、大方予想通りで、想定より悪いということはありませんでした。
ただ開発中の薬剤を国内で早期承認する手続きをしていたのですが、その進捗が想定より遅れるとのアナウンスがり、その点を投資家から嫌気されてしまいました。
その結果、四半期決算発表の翌営業日からストップ安、それも連続したストップ安となり、遂に含み損に突入してしまいました。
ヘルシー
大幅に含み益があっただけに、これ悲しいですね…
損切りしたのですか?
アドホック
損切りせず…さらに買い増ししました…
ヘルシー
その理由を教えていただけますか?

この時の悪材料は、治験の失敗ではなく、あくまで薬剤の承認手続きに当初の想定より時間を要するというもので、開発薬の薬効に問題があったものではないと考えていました。

むしろこの下落はチャンスと思えて仕方ありませんでした。

そこからは資金が許す限り、2019年の年末まで、毎日のように「株式投資バイオくん」を買い増していきました。

ヘルシー
最終的にどれくらいの金額を投入したのでしょうか?
アドホック
2000万は「株式投資バイオくん」に投資していました。
もう「株式投資バイオくん」ことしか考えられず、他の株式のことは全く見向きもしていませんでした。
毎日のように会社ホームページと掲示板を見ては、一喜一憂していました。
心の中では「以前のように市場が注目するような好材料が出れば、すぐにストップ高になって、あっという間に含み益になる」と期待する毎日でした。
アドホック
結局2019年は、「-200万(-10%)」程度の含み損を抱えて年越しとなりました。

激震!握力の誤解

ヘルシー
残念ながら再び損失を抱えることになったアドホック先生…
さらなる大悲劇が襲いかかります…

憂鬱な気分で年末年始を迎えました。

例年なら腹を抱えて大笑いする年末の特番は、心の底から笑えません。

元旦に食べた豪華なおせちも、味気なく感じました。

ヘルシー
慢性的な高ストレス状態のようですね…
2020年になりましたが、昨年同様、好材料やポジティブなニュースがないかを、会社ホームページと掲示板で確認する日々が続いていました。
株価上昇を祈りますが、期待とは裏腹に株価は上昇せず、軟調な展開が続いていました。
ただ「株式会社バイオくん」を信じていたため、給与が入るたびに追加購入を続けていました。
ヘルシー
そして遂にその日が訪れます…
2019年12月末、中国湖北省において、重篤な肺炎の集団発生が世界保健機関(WHO:World Health Organization)へ報告されました。ただその報道時は、株式市場はほとんど反応していませんでした。
2020年1月末にはヒトーヒト感染が確認され、この頃になると、掲示板でも、過去にSARSやMARSの時の株式市場の大暴落を心配する書き込みが目立つようなりました。ただこの時でさえ、株価の暴落とまで言える状況にはありませんでした。
アドホック
インフルエンザウイルスでも毎年一定の死者が出ていますし、今回のコロナウイルスもそこまで問題にならないのではないかと、当時は楽観視していました。
ただ2月中旬頃から、相場も反応を始めます。
米国の代表的な株式指数であるNYダウ・S&P500・NASDAQなどはいずれも急落、日経平均・TOPIX・マザーズ指数などの日本市場も大きく下落していきました。
アドホック
毎日のように5%近く株価が下落していきました。
ヘルシー
さすがに損切りしましたか?
アドホック
損切りできません…そのうち株価も底を打つはず…
2019年末の時点で大きく株価が下がっていた「株式会社バイオくん」なので、この暴落でも早々に底打ちすると勝手に思い込んでいました。
それに今までのストップ安の経験と比較したら、5%程度の下げで慌ててしまうのは、愚かであるとも考えていました。
「狼狽売りはしない!」と心に強く誓っていました。
ここで売らないことこそ、成功する個人投資家の「握力」なのだと、確信めいた自信がありました。
アドホック
むしろこの下落はチャンス、全ての資金で買い向かう!
負けちゃダメだ!!

それでも株価の下落は止まりませんでした…

「市場の急激な相場変動にご注意ください」

ヘルシー
大荒れの相場の中、損切りしないアドホック先生…
さらには買い向かう決意までして、暴落に立ち向かいました。
生活費を別口座に移動しました。
そして定期預金だけは手をつけないことを条件に、残り資金で「株式会社バイオくん」の買い増しを始めました。
ヘルシー
今日も株価が下がりましたね…
アドホック
お陰様で保有株式数を増やせました!
ヘルシー
また今日も株価が下がりましたね…
アドホック
元気よく買い増ししましたよ!
ヘルシー
株価が下がりましたね…
アドホック
開発中の薬剤に悪材料が出た訳ではないですからね!
ヘルシー
先生、また株価が下がりましたよ!
アドホック
ここは握力の見せ所どころですよ!
ヘルシー
先生!今日も下がっています!!
アドホック
止まない雨はありません…
ヘルシー
先生!!含み損が-50%超えてますよ!!
証券口座の損益画面が「-9,999,999円」でカンストしてますよ!!!
アドホック
もう思考停止状態です。
「損切りしておけば…」後悔先に立たずです…
ここまで来ると売るに売れない状況です…
会社が倒産しない限り株価がゼロになることはないと、自分に言い聞かせる毎日です。
その時です!証券会社からメールが届きます。
【重要】市場の急激な相場変動にご注意ください
3月5日付で上記タイトルのメールが証券会社から送られてきました。
これは信用取引口座開設者に送られてきたメールでした。
私は信用取引をしたことはなかったのですが、証券口座開設時に信用取引口座の開設していたため、このような警告メールが送られてきました。
アドホック
このメールでハッとしました!
自分の経験している株価下落は、証券会社も注意喚起するほどの、ただならぬ事態なのだと…
ヘルシー
先生…
冷静になることにしました。
このままお金が溶けるように亡くなる日々、損切りすれば解放される。
失ったお金は戻らないけど、少なくとも相場から目を離して、目の前の仕事に専念できる。
仕事が無くなった訳ではない、借金をした訳ではない、もっと辛い思いをしている人はたくさんいるはず。
悩みはお金が減ったことだけ。世界には感染症で命を落としている人もいる。
こうして元気にしてられるだけで、十分恵まれていることはず!
アドホック
全保有株式を成行注文で売却します!
アドホック

虚無・否認・憤怒

ヘルシー
遂にアドホック先生は損切りしました…
アドホック
最初は何も考えられませんでした…
ひたすら呆然としていました。
証券口座には900万円の現金。保有株式はなし。
自分はこれまでいくら証券口座に資金を移動したのでしょうか?
それすら計算する意欲が起きません。
体は疲れているのに眠れない…食欲が沸かない…何も考えられない…
ただ時間が過ぎるだけの毎日でした…
ヘルシー
強いストレスが発生すると、まずは強い「衝撃」を受けて「思考力が低下」します。
アドホック
次にこれは現実ではない、夢の話にできないか、と妄想するようになりました。
確かに損失は発生しましたが、この事実を受けれたくないと強く思うようになりました。
本気で下記のような展開を祈っていました。
政府関係者
「今年の相場で損失を被った個人投資家を救済するため、株式の損失額を給与所得と損失通算(相殺)する特別法案が成立しました。今後の相場の状況によっては、さらなる救済措置を検討しております。」
*ご注意!私の妄想です!
ヘルシー
強いストレスは「逃避」反応を引き起こします。
アドホック
そして自分の行動に怒りを自覚するようになりました。
どうして、ここまで買い増しつづけたのだろうか?
どうして、含み益があったタイミングで利益確定をしなかったのだろう?
どうして、もっと早く損切りしなかっただろう?
どうして、またストップ高が来ると信じていたのだろう?
どうして、そもそもバイオ株に手を出したのだろう?
アドホック
どうして…どうして…どうして…
もう後の祭りです…シクシクシク(ToT)
ヘルシー
強いストレスは「怒り」そして「抑うつ」を引き起こします。
損切りした瞬間の安堵も束の間で、その後は毎日ストレスとの格闘でした。

このまま心の傷が癒えるのを待つしかないと、時が過ぎるのを耐え忍ぶ覚悟でした。

次回予告

大損失を計上し、心身ともにボロボロの展開に。

このまま私の株式投資は終わってしまうのでしょうか?

ヘルシー
大きな損切りに途方に暮れるアドホック先生…
しかし!ここから奇跡の展開が起こります!
【株式投資の体験談】第三章「キシカイセイ×モトノモクアミ」【Failure teaches success】
関連記事

アドホック…ヘルシー先生!しっかりしてください!「第三章」始めますよ!レイジー先生のからの伝言→「前回のあらすじをどうぞ。」 […]

ヘルシー
次回もお楽しみくださいね!
アドホック
宜しくお願いします!
最新情報をチェックしよう!