【損益計算書】P/Lの読み方!理解なくして投資判断は不可!?粗利率や営業利益率で収益性をチェックしよう!

アドホック
こんにちは!今回は「損益計算書の読み方」についてまとめます。
ヘルシー
決算書の情報は投資家とって非常に有益です
企業分析には決算書の読解が必要不可欠です。
決算書は、損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)、キャッシュ・フロー計算暑(C/S)の三部構成です。
今回はその中の損益計算書(P/L:Profit and Loss Statement)について一緒に勉強していきます!
一般に利益を多く計上できる企業ほど、株価の上昇を期待できます。
P/Lを見ることで、その重要な利益がどのように生み出されているのか、理解することができます!
投資対象(成長株投資、割安株投資など)や投資期間(短期、長期など)によって、株式投資に対する考え方は十人十色です。全世界株式ETFやS&P500連動型ETFを主軸とした長期投資が、私の基本的スタンスです。それに加えて個別株投資を実践しています。
個別株投資に関しては、「成長株」への「長期投資」を基本スタンスとしてます。私の記事の閲覧に際して、そのスタンスに伴うバイアスが入ることを前提に、お読みいただければ幸いです。
アドホック
「成長株」とは、売上や利益の増加が続いており、今後もそのトレンドが続く企業の株です。「グロース株」とも呼ばれます。
ヘルシー
「割安株」とは、本来の企業の価値と比べて、株価が割安な状態の企業の株のことです。「バリュー株」とも呼ばれます。
投資は自己責任でお願い致します!

利益が生み出されるまでの過程を把握する!

一般に利益という場合、最終的な「純利益」のことです。

純利益が生み出されるためには、企業の商品やサービスが利用され、売上がたつところから始まります。その商品やサービスを提供する為の原材料や人件費、宣伝広告費は必要経費になります。また本社オフィスの賃料や接待交際費、そして税金まで経費になります。これらを全て差し引いて、最終的に手元に残ったお金が「純利益」になります。

このお金の流れを明確にしたものがP/Lになります。では実際のP/Lを見てみましょう!

まずは赤字で示した「売上高→営業利益→経常利益→当期純利益」の流れを確認しましょう!

売上高と売上総利益、付加価値と粗利率

売上高は本業で獲得した収益のことです。P/Lの一番トップに表記されるため、最もインパクトのある数字です。

ヘルシー
ニュースや新聞の見出しに「●●株式会社の今期売上高は〇〇億円!!」と書かれているのを目にしたことがあります!
売上高が多いほど、最終的な利益の元が多くなると意味では、良いことだと考えられます。
でもその売上高を計上する為に、売上原価が高くなってしまうと、その後の利益はあまり残りません。
例えば飲食業であれば、高級な食材ばかり仕入れていては、原価にコストが高くなると利益は圧迫されます。製造業であっても、製造工程に生産性の低いものがあり、製造コストが高くなると売上原価が押し上げられてしまいます。
つまり売上高を確認後、売上総利益(粗利益)までチェックすることが大切です!
売上総利益(粗利益)=売上高ー売上原価
売上総利益率(粗利率)(%)=(売上総利益÷売上高)×100
下の2つのP/Lを比べてみましょう!
売上高は全く違いますが、売上原価も大きくことなることから、最終的な営業利益は同じになっています。
粗利率を計算してみましょう!
左の企業の粗利率=250,000/1,000,000=「25%」であるのに対して、
右の企業の粗利率=250,000/300,000=「83%」となりました。
卸売業などで仕入額が多い企業は、売上高が高くなりますが、それは売上原価によって押し上げられた結果とも考えられます。原価が高いため、粗利率が低くなります。
サービス業などの売上原価の低いビジネスでは、売上高が低くても粗利率が高く、結果として売上総利益が多く計上できる傾向にあります。
ヘルシー
売上高だけで終わりにせず、その次の売上総利益まで確認するだけでも、その企業の収益性を把握できるのですね!
アドホック
その通りです!売上高は見方を変えると、「売上原価と付加価値の合計」と考えることができます。大切なのは、その企業の生み出した「付加価値」であることを覚えておきましょう!
別の表現をすると、付加価値が低い(原価の割合が高い)ビジネスでは、どうしても薄利多売にならざるを得ません。

営業利益と販管費、営業利益率の重要性

売上高から売上原価を差し引いたものが売上総利益でした。

さらに売上総利益から販売費及び一般管理費(販管費)を差し引いたものが営業利益になります。

営業利益=売上総利益(売上高ー売上原価)ー販管費
ヘルシー
営業利益は本業で稼ぎ出した利益です!
営業利益が高いほど、最終的な純利益を多く残すことができます。そのためには販管費を出来るだけ少なくする必要があります。
売上高に対する営業利益の割合を営業利益率と呼びます。販管費の軽減は、営業利益率の上昇に寄与します。
営業利益率(%)=(営業利益÷売上高)×100
アドホック
販管費」にはどのような項目があるのか、一緒に確認していきましょう!
従業員に支払う人件費や、商品やサービスを販売するための販売経費、オフィスの家賃や光熱費、日々の業務でパソコンやスマホなどの事務経費及び施設費、そして顧問弁護士や顧問税理士の顧問料などのその他に分けられます。
売上が増加する場合、それに応じて販売経費が増えることが多いです。例えばテレビCMやチラシ、ネット広告などで宣伝や広告を積極的に行ったり、新規取引先の開拓するために接待の機会を増やしたりすることなどが挙げられます。
一方で人件費や施設費は、販売経費と比較すると、売上高との変動性は低くなります。
商品やサービスの売上が伸び悩む時期にも経費コントロールが難しくなります。
ヘルシー
ただ企業の経営業況が悪化して、長期の減収が見込まれる場合、リストラやオフィスの移転など、人件費や施設費の削減も検討されます。
営業利益率を高くするために、販管費が大きく影響することが理解できると思います。
アドホック
具体例で確認してみましょう!
まずは「売上高販管費率」をご紹介します。
売上高販管費率(%)=(販管費÷売上高)×100
では下の図をご覧ください。
アドホック
この企業の経営状態はいかがでしょうか?
ヘルシー
売上高が毎年右肩上がりで、経営状態は良好だと思います!
アドホック
では売上高に加えて、営業利益も示します。
ヘルシー
営業利益も年々伸びています。ただ売上高ほどの成長率ではないことが気になります…
確かに営業利益を示す折れ線グラフの推移が、売上高ほどの成長率ではなさそうですね。
ではP/Lを見てみましょう!
売上高は年々増加しています。また売上原価も毎年同じであるため、売上総利益率(粗利率)は同一で推移しています!
今度は販管費を見てみましょう。売上高よりも販管費の増加が目立ちます。「売上高販管費率」を計算すると、客観的に理解できますね。
売上高販管費の増加と営業利益の減少は表裏一体です。売上高販管費率が増加した結果、営業利益率が低下していたことがわかりました。
ヘルシー
売上高だけの確認だけでは、営業利益率の低下を見過ごしてしまうところでした。
どのような状況が考えられるのでしょうか?
アドホック
例えば飲食店を考えてみましょう。名古屋で始めた1号店は大成功で、行列の絶えない繁盛店になりました。その後は愛知県内、東海地域と店舗を増やしていき、これまた大成功でした。このまま全国展開することになり、新規店舗を増やしていき、ますます売上高を伸ばすことに成功しました。ただ東京などの首都圏で出店した店舗は、これまで以上に経費がかかってしまいました。
ヘルシー
確かにそうなると、新規店舗出店による販管費が、利益を圧迫していそうですね。
アドホック
もちろん規模拡大にもメリットがあります。ただその中で、経営が苦しい店舗が複数出てきてしまうと、全体の売上高は伸びても、それ以上に販管費が嵩みんでしまい、結果として営業利益率が低下しています。
ヘルシー
全国展開していて経営が順調そうなお店が、急に経営が苦しくなったというようなニュースを見ることがありますよね。実は赤字や債務超過に陥るずっと前の段階から、営業利益の鈍化で顕在化していますよね。
営業利益率は企業の稼ぐ力を表すバロメーターです。ぜひ確認するようにしましょう!

経常利益と営業外損益、純利益と特別損益

本業以外で発生した損益のことを、「営業外損益」と呼び、「営業外収益」と「営業外費用」に分けられます。

例えば、余剰資金で株式投資を行いそこから配当金を得た場合、得られた「受取配当金」として営業外収益に仕訳されます。預貯金により生じた利子も営業外収益になり、「受取利息」として仕訳されます。

一方、「支払利息」が営業外費用の代表例です。事業資金を借入した場合に発生する金利になります。

ヘルシー
「雑収入」「雑損失」もそれぞれ営業外損益として計上されます!
経常利益=営業利益ー営業外損益
さらに経常利益から特別損益を差し引くことで、税引前当期純利益が算出されます。
税引前当期純利益=経常利益ー特別損益
特別利益とは「臨時もしくは異常な収益」のことです。例えば所有する不動産した際に得られた臨時の利益などが該当します。
ヘルシー
営業外損益と特別損益にはどのように違うのでしょうか?
どちらに計上するかで経常利益が変化しますよね?
アドホック
どちらも本業以外で発生した収益という点は同じです。
一般に営業外利益は「経常的(定期的)に」発生するもの、経常利益は「臨時的(一時的)に」発生するものと考えられます。
経営者としては経常利益を良い数字にしたいと考える傾向があります。
例えば当期純利益が赤字になった場合、経常利益が黒字であれば「一時的な損失(特別損失)の影響で純利益が赤字になっただけで、経営は問題いありません!」と株主や金融機関に説明することができます。
そこで本業以外に発生した損失を、営業外費用ではなく特別損失として計上したいと考える経営者がいることが予想されます。
その点に着目して「営業外損失」と「特別損失」をチェックする視点を持っておきましょう!

損益計算書と貸借対照表の関係

損益計算書は企業の経営成績を明らかにするものでした。

前項で説明した計算書を図式化すると下のようになります。

企業の財政状態を明らかにするものに貸借対照表(B/S)があります。

どのくらいの資産を持っていて、どのくらいの負債を抱えているのか、また純資産をどれくらい有しているのかを把握することがで、下の図のように整理されます。

企業がどれくらい純利益を生み出すことができたのか、損益計算書で把握することができました。

この純利益は、内部留保として企業の資産となり、貸借対照表の利益余剰金として計上されます。

つまり損益計算書と貸借対照表は、当期純利益と純資産の項目でリンクすることになります。

ヘルシー
安定的に利益を生み出している企業は、当期純利益が純資産として積み上がっていくのが分かりますね!
B/Sで利益余剰金が経年的に右肩上がりになっている企業は、基本的にはP/Lでも安定した利益を計上している可能性が高いと考えられますね!
アドホック
厳密には株主への配当支払いなどで利益余剰金は変動しますが、利益余剰金が順調に蓄積されている企業は投資対象として魅力的ですよね!
貸借対照表(B/S)については下記記事で解説しています。
ぜひご覧ください。
関連記事

アドホックこんにちは!今回は「決算書」について解説します。ヘルシー株と決算の関係は一蓮托生といっても過言ではありません。決算書の理解なくして投資先の企業のことを詳しく知ることはできませ[…]

おわりに

アドホック
お疲れ様でした。今回はこのあたりで一区切りにしたいと思います。
ヘルシー
今回のたくさんの用語が出てきました!
特に重要なものはありますか?
アドホック
「売上高総利益率(粗利率)」と「営業利益率」はぜひ知っておきたいですね!
儲かるビジネスモデルなのかどうかを最も反映した指標であると考えます!
ヘルシー
どれだけ売上高を計上しても、そもそも儲かりにくいビジネスでは純利益を多く計上できないですからね…
アドホック
貸借対照表(B/S)の解説記事で、事業の元手(資本金及び資本余剰金)と利益余剰金が株主資本であることを説明しました。
株主資本が増えることを期待して投資をしますので、利益余剰金が増えることが目標です。ですので投資判断は最終的には純利益をいかに多く残せるかという点に帰着します。
ヘルシー
今回の知識を利用して、積極的に損益計算書を見るようします!
企業の収益性の高さは、損益計算書を読み解くことで見えてきます。
年々売上高が右肩上がりでも当期純利益の伸びが物足りない理由が、売上原価が高騰なのか、販売経費の大幅増加なのか、研究開発費の増加なのか、その理由を損益計算書から情報を得ることができます。
せっかく売上高総利益率は高いビジネスなのに、営業利益率が低い場合、製品販売ために多額の広告費を費やしているのではないか、損益計算書で確認することができます。
当期純利益が横ばいから減少傾向の企業が、突然大幅な利益を計上した場合、企業のビジネスが大きく高転換したのかもしれません。投資チャンスです。でも損益計算書を見たところ、実は本業の儲け(営業利益や経常利益)は変わらずに、所有していた土地を売却したことによる特別収益を計上していただけであることが分かりました。
ヘルシー
個別株投資をするなら、損益計算書で企業の概要を把握するようにしましょう!
アドホック
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!
最新情報をチェックしよう!